THERMO MAT®

​従来の保温材は、工事施工後の改造やメンテナンス等の時は、必ず解体し再施工しなければなりません。サーモマットはこのムダを極力少なくするために保温材と外装材を一体化し、簡単に取り付け・解体・再取り付けを可能にした経済的な省エネ・省資源タイプの保温材です。
 

サーモマットの特徴

①全天候型です従来のアスベスト布団製保温材と異なり、シリコンコーティンググラスクロスや化学繊維クロスを基布としていますので、“耐水・耐熱・耐油・耐薬品性”に強い全天候型保温材です。

②着脱自在のセットフリー鍵ホック・ボタン・マジックテープ等で取り付けるため、どなたでも取り付けや取り外しが簡単にでき、しかも再使用ができます。
また、用途に応じて取り付け方法が工夫してありますので着脱に際しての特別な技術は全く不要です。

③美しく経済的です。外観はシリコンのライトグレーまたはシルバーの他にも低温用には多彩な色分けができます。
そのうえエネルギーの放散が極めて少ない保温材ですので大変経済的です。

④清潔です。着脱時にゴミやホコリ等が非常に少ないので環境保全に厳しい精密機械工場・食品工場・病院等に最適の保温材です。

仕  様


内・外装

低温用  N-タイプ    『化学繊維ターポリンシート』
                          ナイロン、ポリエステル、ビニロン系等をベースに樹脂加工された強靭なシートです。
                          【安全使用温度/80℃】

中温用 E-タイプ    『シリコンコーティングガラスシート』

          S-タイプ  ガラスクロスにシリコンをコーティングしたシートで飽和蒸気域でのマット基布として最も多様されているシートです。                                                【安全使用温度/200℃~210度】  

 

高温用 H-タイプ    『断熱ガラスシート』
                         石綿代替用に開発されたガラスシートで白色高温用ですが、屋外には適しません。
                          【安全使用温度/500℃】

    D-タイプ            『シリカガラスシート』
                          高温域用96%以上の高珪酸ガラスクロスで、国産・輸入品等各種使用いたしております。
                        【安全使用温度/1000℃】

上記の基布は当社で扱われる代表的なものとなります。

上記以外にもアルミ箔ラミネートシートやテフロンコーティングシート・防音シートなど多種多様なシートを扱っております。

現場環境に応じたシートを提案させて頂きます。

充填剤

低温用  モルトプレーン、ポリエチレンスポンジ、エアロフレックス、グラスウール等を使用します。

中温用  250℃程度まではグラスウールJIS-2号 24K~32K(λ=0.029+0.00018θ)を主に使用します。
     200℃~600℃はロックウールや白色長繊維(結合樹脂使用せず)のニードルマット(ホワイトグラスウール)を使用します。

高温用  600℃~1000℃にはアルミナ、ムライト、シリカ等の高純度セラミックウール(スーパーウール)を使用します。

縫合材

低温用  ターポリンシートを高周波ウェルダー加工並びにミシン加工と併用。ポリエステルヤーン、ケブラーヤーンを使用します。

中温用  ケブラーヤーン、テフロン加工のガラスヤーンで加工。

高温用  シリカヤーン、ステンレスヤーン等で縫合製作いたします。

●特注品もご用命ください。
サーモマットはフランジ、バルブ類だけでなく減圧弁、三方弁、アングル弁、ゲート弁、流量
計、電磁弁、ストレーナー、コントロール弁、熱交換器、機器などあらゆる用途に応じた製品を製作しております。

サーモマットの経済性

フランジ、バルブ類等からの熱放散は一見大した量でないと思われがちですが実際は非常に大きな
放散熱量でありプラント設計のときは、この部分からの放散熱量の抑制が大きなポイントとなってい
ます。たとえば・・・

上記の表は一例ですが、グラスウールの25Tを使用した場合、概ね80%前後の放散熱量が削減できます。

各種熱計算承ります。お問合せ下さい。

サーモマットの採寸について

玉型弁とフランジに就いては、スタンダードとして両側の配管保温の上から取り付けられる様に製作してあります。玉型弁以外の弁類はメーカーが各々独自の形状ですので、寸法入りカタログコピーまたは実採寸でお知らせください。両側の(または片側)の配管に保温(あり)(なし)を必ずご記入ください。下図のA・B・・・の箇所寸法をお願い致します。カタログコピー又、採寸しない場合、例えば10㎏/㎡○○○製作所の減圧弁とだけでなく型式番号もお願い致します。内部温度、屋内、屋外、保温厚もご指定ください。バイパス配管ではAの様に単独バルブでないとスタンダードは使用できません。
蒸気(給水)ヘッダーのバルブは必ずバルブセンターからヘッダー上部までの長さを記入ください。
なお計器、タンク類、ブロワーその他器機類が製作寸法入り図面のコピーをお知らせ頂ければ、サーモマットの製作は可能です。CADファイル(dxf.dwg)があれば大変助かります。

ご注意

蒸気洩れで直接サーモマットに蒸気が当たりますとガラス繊維が石で叩いた状態となり粉々になって穴が開きます。蒸気洩れを修理の上サーモマットをお取り付けください。

低温用フランジ・バルブ用サーモマットは、0℃以下の場合には、サーモマットと被保冷体との空隙箇所において、霜付や氷結現象などが起こりますのであらかじめご了承ください。

省エネ・省資源の

〒536-0001

大阪市城東区古市2丁目2番26号

TEL  06-6939-7127(代)

FAX  06-6933-6501