サーモマット®の形状について

バルブや機器用のサーモマットの形状にはいくつかのパターンがあります。

以下数種類のパターンを紹介致します。

メリット

デメリット

ボックスタイプ

文字通り箱状のマットです。

エリマキタイプ

展開平物

バルブや機器に巻き付けるタイプです。

カギフックタイプ

カギフック以外にもバンドタイプや紐タイプあります。

    

取付が容易で生地にテンションが、かかりにくいので製品が劣化しにくい。

実際Nタイプのサーモマットで15年以上変形なく使われている例もあります。

    

機器との密着感が少ない。

(ヒートロスはすくない)

外形寸法が大きくなる。

機器に密着するのでヒートロスが少ない。

多少の形状差でも対応できる。

生地に常時テンションがかかるので劣化の要因となる。

取付にボックスタイプより時間がかかる。

縫付部より多少のヒートロスがある。

マジックテープがないのでゴミや埃の付着や熱リークによるダメージが少ない。

多少の形状差でも対応できる。

生地に常時テンションがかかるので劣化の要因となる。

取付にボックスタイプ・マジックテープタイプより時間がかかる。

締め付け紐が切れたりカギフックがちぎれることがある。

省エネ・省資源の

〒536-0001

大阪市城東区古市2丁目2番26号

TEL  06-6939-7127(代)

FAX  06-6933-6501